快適な過ごし方

眼鏡とコンタクト

具体的な予防策

スマホ老眼については、PCやスマホを長いこと使い続け、目に負荷をかけることから近くにあるものが見にくくなるなど、老眼に似たような症状が生じます。ここ最近では、20代から30代までの若者に多く、スマホ老眼の症状に苦痛を感じる方が増えています。このスマホ老眼の原因として挙げられるのは、PCやスマホの画面内の小さな文字を、長く眺めていることが挙げられるでしょう。PCやスマホなど、必要以上に近い位置から、小さな文字にピントを合わせていると、ピントをコントロールする毛様体筋に、負荷が加わってきます。その毛様体筋に負荷がかかることから、ピントを合わせるのが困難になり、PCなどを操作してから顔を上げた際、視界がぼんやりする症状が出てきます。では、スマホ老眼を防止する方法には何があるかというと、一番簡単にできるのは、スマホを長時間使うのを止めることです。PCやスマホなどを一時間使った後は、10分程度休みを入れ、離れたところに目をやるようにし、長い時間使い続けるのを控えることが大事です。仮に、時間を気にしながら休憩をはさむのが面倒であれば、PCなどを長い時間利用すること自体をストップし、一定の時間を設けて目を使わないようにしましょう。それから、スマホ老眼を防ぐためには、目の周囲を温めることも重要です。蒸しタオルを、目の付近に当てながら温めることで血行が改善され、疲労物質を除去しやすくなるでしょう。ただこのやり方に関しては、必要以上に行うと、反対に目に負荷がかかってしまうので、一日に一度行う程度で問題ありません。

Copyright© 2017 老眼の原因はスマホの使い過ぎ!目の健康を守る方法を実践しよう All Rights Reserved.