携帯電話の進化の結果

メガネ

環境の変化でおきる病気

携帯電話が主流だったころ、インターネットサイトに接続はできました。あくまでもつながるだけで日常的に使用するには不便なものでした。それが、接続料金が定額になり、常時インターネットの利用ができるようになりました。そして、スマホでブラウジングから通信販売の利用、ゲーム機や仕事での利用まで機能が増えていきました。結果、スマホは電話だけではない情報端末として進化していきました。すると40代の現象とされてきた病気。老眼の症状を20代?30代の年代の人たちが訴え始めました。目のピント機能を司る毛様体筋が弾力性を失うことで水晶体を膨らませてピントを合わせることができなくなる症状を老眼と言います。加齢に伴い起こるはずなのに、年齢に関わらず発症する原因はスマホの長時間使用にあるとされました。スマホのディスプレイの小さい文字を読むことは目のピント機能に緊張を強いることになります。そして、毛様体筋が硬くなりピントを合わせる働きに支障をきたすことになります。その結果、近くを見ようとすると目がかずみ、文字を読むことを苦痛に感じるようになります。いわゆるスマホ老眼の状態になってしまいます。ただし、加齢による老眼と違いスマホ老眼はスマホの使用を控え、定期的な目の休憩時間を取ることで状態を改善することができます。また、ルテインで代表される目に良い栄養素を健康食品として定期的に取り込むことで体質の改善に勤めれば予防することもできます。

Copyright© 2017 老眼の原因はスマホの使い過ぎ!目の健康を守る方法を実践しよう All Rights Reserved.