目の健康を考える

眼鏡

簡単にできるアイケア

スマホ老眼については、普段スマホを必要以上に使用し続けることで、老眼と似たような症状が出ます。一般として、老眼というのは、近くのものが確認しにくくなる症状と言われています。ですが、スマホ老眼に関しては、手元を見続けることで目の疲労を感じやすくなるのです。そこで、スマホ老眼にならないよう、普段の生活の中で気楽に行えるアイケアがあります。まずは、夜を迎えてからスマホを利用する場合、光量を抑えるようにしましょう。スマホによっては、ブルーライトの光を抑えられる機能が、導入されているものがあります。仮に、もしその機能が入っていないスマホを使っている場合、無料アプリも存在するので、その無料アプリを活用して、ブルーライトの明るさをコントロールしましょう。それから、人間の涙というのは、脂と水がミックスされたものです。まぶたが冷えていると、目の周囲の脂が溶けなくなり、涙が水だけになることから目の乾きが生じてきます。その際、まぶたを温かくすることで、目の付近の血の巡りが良くなり、まぶたから脂が出るようになるので、目がきちんと維持されるでしょう。あとは、まぶたを温めることで、ピントをコントロールする毛様体筋という名の筋肉を、柔らかくすることが可能です。ですので、電子レンジを使って温かくした水タオルや、街中で販売されているアイマスクを目にしっかりと当て、まぶたを温めるのがおすすめです。また、外側からの光を吸収し、目にかかる負担をなくすことが可能な、ルテインを含んだ食べ物を口にするようにしましょう。ルテインに関しては、緑黄色野菜に入っており、中でもほうれん草にたくさん入っています。

Copyright© 2017 老眼の原因はスマホの使い過ぎ!目の健康を守る方法を実践しよう All Rights Reserved.