画面との距離に注意

男女

目を酷使しない事

中高年の方々は年齢を重ねるごとに、筋肉が弱りやすくなったと実感している人が多く、胴体だけでなく目の筋肉も弱っていってしまいます。スマホなどの画面を眺めている時間が長くなってしまったりと、目を酷使したりしている人は、目の筋肉が弱くなる事によって、老眼になってしまう事も珍しくありません。筋肉が弱り始めたと感じたら、すぐにでも目の筋肉をケアする事を意識して、目疲れを溜め込まない生活を過ごしてください。仕事などの関係でスマホの画面を長時間眺める必要がある時には、少しばかりスマホを顔から引き離しながら画面を見たり、たまに遠くの風景を眺めたりする事が重要です。同じ場所ばかり眺めていると、目のピントを調節する機能が弱まってしまったり、目の筋肉の同じ部分ばかりを酷使したりする事で目疲れが溜まってしまいます。離れた位置にある画面を見る事によって、目のピントを調節する機能を酷使しなくても、画面をじっと見つめていられるために目疲れ対策の効果を実感しやすいです。すでに老眼になってしまっていて、スマホの画面を近くに置かないと文字が読めないという人は、遠くの文字も読めるように老眼用の眼鏡やコンタクトレンズを使ってください。スマホの文字のサイズ設定を変える事によっても、少し顔から離れた位置にあるスマホの文字も難なく読めるようになります。目が疲れてきたと感じたら、目蓋を閉じて目の筋肉を休ませたり、遠くの風景を眺めたりする事で目のピント調節機能を休ませる事が老眼対策として重要です。

Copyright© 2017 老眼の原因はスマホの使い過ぎ!目の健康を守る方法を実践しよう All Rights Reserved.