生活を豊かにしたアイテム

メガネ

目はどんな具合になるのか

スマホが世の中に出回るようになってから、たくさんの方にとって、生活が大いに豊かになりました。しかし、それとともに、スマホを使い続けることで、若い方でもスマホ老眼になってしまう方も増えています。スマホを長いこと見続けてから目線を高くし、離れた場所を見ると、焦点が定まらずにぼんやりものが見えることもあるでしょう。それは、スマホ老眼になり初めの症状でもあり、スマホ老眼に気にせずスマホを使用し続けると、毛様体筋が弱くなります。これにより、ピントのコントロールが上手くいかなくなり、近くにあるものが確認しづらくなるでしょう。それから、スマホ老眼の一番の原因にもなっているもので、PCやスマホの画面から出ているブルーライトがあります。ブルーライトというのは、大体400nmから500nmの光で、目で見ることが可能です。光のエネルギーについては、波長に反比例することからも、ブルーライトは紫外線に次いで、強力なエネルギーを備えています。このブルーライトは網膜まで伝わるので、体や心に数多くの影響が出るとされています。そこで、目に対しての影響ですが、強い光を浴び続けることで、網膜の黄斑というポイントに負荷が加わる可能性が出てきます。黄斑に関しては、目に飛び込んできた光を受けるポイントでもあり、例えるなら、カメラのフィルムに該当する役目を持っています。この黄斑に、何か問題が生じることが、視力が落ちる一番の原因です。あとは、ブルーライトは高いエネルギーを誇っているので、瞳孔を収縮しようとし、目の筋肉を使うことからも、目の疲労を若干感じやすくなることもあります。

Copyright© 2017 老眼の原因はスマホの使い過ぎ!目の健康を守る方法を実践しよう All Rights Reserved.